製菓の資格取得を目指すなら授業内容を比較しよう

微笑む女性

料理のプロになる

カフェ

調理のプロになるには飲食店で経験を重ねる方法と専門学校で学ぶ方法があります。それぞれにメリットがありますがいちから調理を学びたいのであれば専門学校で学ぶ方法が適しています。

Read More

個別サポートや就職率

お菓子

多くの製菓専門学校では2年制になっており、その間で製菓のプロになる為に必要な知識や経験を積み、資格の取得を目指します。製菓専門学校では洋菓子や和菓子、パンの作成を行います。あらゆるジャンルの製菓について学ぶ事で自分に合った業界を見極めていきます。製菓専門学校では和菓子職人やパティシエ、パン職人に必要な知識と経験を積みます。知識の部分では衛生管理や食品学、栄養学について基礎から学び材料や器具に関する知識やマネジメントまで学ぶ事が出来ます。経験の部分では製菓作りの際に必要な器具や材料の取り扱いから計量の仕方まで学んでいきます。一定の仕組みを理解し実習していく事で製菓作りの経験を重ねていきます。全ての工程を一人で行うが出来る様になった後はグループで大量の製菓作りに挑戦する事もあります。

製菓専門学校ではしっかりとした実習授業を行ってくれる学校を選びましょう。生徒に対して講師が何人つくのか、又指導する講師のキャリアをどの様になっているのか、見学会でしっかりと確認しおきましょう。小人制のクラス構成がされている製菓専門学校なら満足度の高い授業を受ける事ができ、資格取得にも役立つでしょう。

製菓専門学校ではしっかりとした実習授業を行ってくれる学校を選びましょう。生徒に対して講師が何人つくのか、又指導する講師のキャリアをどの様になっているのか、見学会でしっかりと確認しおきましょう。小人制のクラス構成がされている製菓専門学校なら満足度の高い授業を受ける事ができ、資格取得にも役立つでしょう。

10代でお菓子のプロになる

パティシエ

製菓のプロになる為には専門学校に通うのが一般的ですが、通常は高校卒業後から通う事になります。しかし一部の専門学校では製菓について学びながら高校の卒業資格を取得できる学校が存在しています。

Read More

コーヒーのプロになる

バリスタ

美味しいコーヒーを提供する職業にバリスタが存在しています。現在国内でバリスタの資格を取得するには専門学校で学ぶ方法やカフェを始めとした飲食店で経験を積む必要があります。

Read More